「コロナ禍」とは?意味や使い方を解説します!

「コロナ禍」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コロナ禍」について解説します。

目次

  1. コロナ禍
  2. コロナ禍(コロナか)の意味とは
  3. コロナ禍の使い方・例文

コロナ禍

コロナ禍」という言葉について解説します。

2020年の5月は新型コロナの影響で、ゴールデンウィークではなくステイホーム週間としましょうと様々なところで言われていました。

これを読んでいる多くの方もおうちで過ごしていたかと思いますが、コロナ関連のニュースを見ていて「コロナ禍」という言葉をあちこちで見聞きしたのではないでしょうか。

耳慣れない言葉でもありますし、読み方や意味などがピンと来ないという方も多いようです。

ここではそんなコロナ禍という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

コロナ禍(コロナか)の意味とは

コロナ禍(読み方・コロナか)とは「新型コロナによってもたらされる危機的な状況、出来事」と言う意味の言葉となっています。

読み方が分からないという方が割と多いようですが、読み方は「コロナか」です。

禍という漢字は「わざわい」とも読み、意味は災いと同じ意味で使われます。

ということでコロナ禍と言った場合は上記の意味になります。

紛らわしい漢字として渦という漢字がありますが、コロナ渦だとコロナうずになってしまうので注意してください。

コロナ渦、コロナ鍋、コロナ過など紛らわしい漢字がけっこうあるので、併せて注意してみると良いのではないでしょうか。

>

コロナ禍の使い方・例文

  • 社会活動を制限されたり、収入が得られなくなったり、倒産したりと、コロナ禍と言われる状況ではあるけれど、明るさと希望を失わずに前向きに耐え忍んでいきましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ