「自粛警察」とは?意味や使い方を解説します!

「自粛警察」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「自粛警察」について解説します。

目次

  1. 自粛警察
  2. 自粛警察の意味とは
  3. 自粛警察の使い方・例文

自粛警察

自粛警察」という言葉について解説します。

新型コロナの感染拡大を受けて、ステイホーム、不要不急の外出を控える。ということで、日本中の人達がそれぞれの都合や状況に合わせて頑張っています。

そんな状況の中、突如として現れた言葉の一つにこの「自粛警察」というものがあります。

みなさんもニュースやテレビなどで見聞きしていると思います。

ワイドショーなどでは解説付きで自粛警察の話題を扱っているので、どういう意味なのかご存じの方もおおいかもしれません。

ここでは、そんな自粛警察という言葉について改めて意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

自粛警察の意味とは

>

自粛警察とは「自粛要請に応じない人を誤った正義感で悪者にしたてあげて攻撃する人を揶揄したSNS用語・俗語」といった意味の言葉となります。

人それぞれに考えや都合や状況がある中で、そういった事情を一切考慮せずに、自粛しない人を悪者であるかのように攻撃、取り締まりをする自称正義の番人(実際は社会悪)が自粛警察です。

この言葉はSNS上で使われるようになり、一般的に広く使われるようになった言葉なので、俗語でもあり新語でもあると言えます。

自粛警察と言っても、だいたいは匿名でこっそりと店のドアに張り紙したり、持ち主がいない隙間を狙って車をパンクさせたりという陰湿なタイプの警察なので、世間からの支持はほとんどない模様。

ただし、自分は正しいことをしていると思っているふしがあり、正義は我にありと思い込んでいるためかなりタチが悪いとも言える存在。

自粛警察の使い方・例文

  • 正義感の他にも、嫉妬心、不安感からも自粛警察に変身するらしいので、単純に人として難がある人なのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ