「トライバル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「トライバル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「トライバル」について解説します。

目次

  1. トライバル
  2. トライバルの意味とは
  3. トライバルを使った文章・例文

トライバル

皆さんは「トライバル(tribal)」という言葉をご存知でしょうか。
ファッションに興味がある方なら、知っているのではないでしょうか。

今回は「トライバル」という言葉について詳しく解説します。

トライバルの意味とは

トライバルとは「部族の。民族の。民族的な。」という意味です。
英語では「tribal」と綴ります。

日本語では「トライバルタトゥー」や「トライバルデザイン」など、ファッション用語として使われることが多い言葉です。

ネイティブアメリカンなどのいわゆる「先住民族」「少数部族」の伝統的な装飾を取り入れたファッションのジャンルが「トライバルファッション」です。
特に「トライバルタトゥー」は世界的な人気を集めていますが、もともとはポリネシア地域の伝統民族たちの信仰に基づく身体装飾でした。
黒を基調とし直線や曲線で構成されたシンプルなデザインですが、地位や信仰の対象などを表しており、部族ごとに模様のパターンが異なっています。

現在のファッションとしての「トライバルタトゥー」は、このような伝統的な模様そのままなものだけでなく、その美しいラインを取り入れた装飾的なデザインのもの全般を指します。

「トライバル」と意味の似た言葉に「エスニック」があります。
これは中南米やアフリカ、アジアの民族風であることを指す言葉であり、ファッションの他に料理などにも使われます。

>

トライバルを使った文章・例文

  1. ホームステイ先のご主人は、腕にトライバルタトゥーを入れていた。
  2. トライバルなモチーフの小物が売られているのを見ると、つい買ってしまう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ