「コンベンション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「コンベンション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンベンション」について解説します。

目次

  1. コンベンション
  2. コンベンション(convention)の意味とは
  3. コンベンションを使った文章・例文

コンベンション

コンベンション」という言葉について解説します。

この言葉は日常生活の中ではあまり見聞きしないので、あまり馴染みのある言葉ではないかもしれません。

ですが、ビジネスの場では度々登場する言葉なので、ご存じの方も多いでしょう。

「コンベンションに招待された」「コンベンション会場に行ってきた」といった感じに使われるこの言葉ですが、みなさんはコンベンションの意味をきちんと把握しているでしょうか。

カタカナ語なので、雰囲気で意味を掴んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで、ここではそんなコンベンションという言葉の意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

コンベンション(convention)の意味とは

コンベンション(英・convention)とは

  1. 集会。または政治、社会団体などの代表者会議。
  2. 博覧会や見本市、展示会などの大規模な催し。
  3. しきたり、習慣、因襲。
といった意味の言葉となっています。

通常は1または2の意味で使われることが多く、中でも2が一般ビジネス用語のように扱われています。

元々は単純に「会議、集会」の意味でしたが、人、情報、物、知識の交流の場という観点から展示会、見本市といった意味に発展したと言われています。

コンベンションに招待された。といった場合、会議、または展示会などに招待された。という意味になることが分かるのではないでしょうか。

>

コンベンションを使った文章・例文

・我が社の技術の高さを知ってもらうのに今度のコンベンションは格好の場だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ