「クリエイト」の意味とは?意味や使い方を解説!

「クリエイト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クリエイト」について解説します。

目次

  1. クリエイト
  2. クリエイトの意味とは
  3. クリエイトを使った文章・例文

クリエイト

クリエイト」という言葉について解説します。

「時代をクリエイトする」「理想の家をクリエイトした」といった感じで使われますが、この言葉が変化した形の方が馴染みがあるかもしれません。

「クリエイティブ」「クリエイター」といった言葉はジャンル問わず一般的に使われていますよね。

そんな「クリエイト」という言葉ですが、どのような意味なのかきちんと把握している方はどれくらいいるでしょうか。

雰囲気でなんとなく分かってはいても詳しくは知らないという方は多いかもしれません。

ここでは「クリエイト」という言葉について意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

クリエイトの意味とは

クリエイトとは「創造すること。作り出すこと」という意味の言葉となっています。

時代をクリエイトすると言った場合、「時代そのものを創造していく」という意味になるのが分かると思います。

混同しやすいものとして「メイク」「デザイン」が挙げられます。

メイクも作るという意味ですが、作成する。であって創造する。ではありません。

また「時代をデザインする」といった形でもデザインという言葉が使われるのでクリエイトと混同しがちですが、時代をデザインするというのは「時代を形作っていく」という意味でやはり創造といった意味ではないのでこの点も整理してみてください。

クリエイトの意味として、ニュアンス的にはゼロから生み出す、作り出す。という感じになるでしょうか。

>

クリエイトを使った文章・例文

  • なんでもいいからクリエイトする仕事に就きたいと彼は言うけれど、「何を」が重要ではないのかな?と思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ