「サンクチュアリ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「サンクチュアリ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サンクチュアリ」について解説します。

目次

  1. サンクチュアリ
  2. サンクチュアリ(sanctuary)の意味とは
  3. サンクチュアリを使った文章・例文

サンクチュアリ

サンクチュアリ」という言葉について解説します。

このサンクチュアリという言葉自体は、日常で使うようなものではありませんが、映画やアニメのタイトルや曲の歌詞などで度々用いられるので、皆さんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

「俺たちのサンクチュアリ」「バードサンクチュアリ」といった感じで使われますが、意味をきちんと把握している方はそこまで多くはないかもしれません。

そこで、ここではサンクチュアリの意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

サンクチュアリ(sanctuary)の意味とは

サンクチュアリ(英・sanctuary)とは

  1. 聖域。
  2. 禁猟区。鳥獣保護区域。
といった意味の言葉となっています。

ということで、「俺たちのサンクチュアリ」と言った場合は「俺たちの聖域」となり、「バードサンクチュアリ」といった場合は「鳥の保護区」となるのが分かると思います。

聖域という意味には神聖な場所という捉え方以外に、中世では教会といった場所は逃げ込めば法律の力が及ばなかったことから「避難場所」といった捉え方もされています。

「〇〇問題は聖域となっている」といった場合は神聖なものになっているというよりは「(中世の教会のように)手を出してはならないもの」という意味で使われているのが分かるのではないでしょうか。

>

サンクチュアリを使った文章・例文

  • あの国のあの問題を聖域扱いするのは、その内部に触れて欲しくないものがあるからかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ