「コンコース」とは?意味や使い方を解説します!

「コンコース」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンコース」について解説します。

目次

  1. コンコース
  2. コンコースの意味とは
  3. コンコースの使い方・例文

コンコース

皆さんは「コンコース(concourse)」という言葉をご存知でしょうか。

駅や空港など、多くの人が行き交う施設をよく利用する方なら、なじみ深い言葉だと思われます。

今回は「コンコース」という言葉について詳しく解説します。

コンコースの意味とは

>

コンコースとは「ホテルや駅、スタジアムや空港などにおいて、人が行き交う広い通路や交差点、広場などの空間」という意味です。

英語では「concourse」と綴り、基本の意味は「集合、合流」というものになります。

ざっくり説明すると、「比較的広さがあり、多くの人が集まり移動していく空間」ということになります。
室内、あるいは屋根が設置されている状態のものを指すことが多く、屋外の道路や公園などを「コンコース」と呼ぶことはあまりありません。

また、建物のメインとなる施設を「コンコース」と呼ぶケースは少ないです。
駅ならば改札の外にあるショッピングエリアや待合広場、ホテルであればロビーやラウンジなど、「人が通り過ぎる、あるいは待ち合わせる、ついでに買い物などをする」といった施設に対して使うことが多い言葉です。

「コンコース」で有名な野球場にマツダスタジアムがあり、外周に沿って設置されたショッピングコンコースを歩いてスタジアムを一周することができるようになっています。

コンコースの使い方・例文

  1. 友人のアルバイト先は、ターミナル駅のコンコースにあるスイーツショップだ。
  2. コンコースを歩いていると、いろいろな人とすれ違う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ