「ディスカバリー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ディスカバリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディスカバリー」について解説します。

目次

  1. ディスカバリー
  2. ディスカバリーの意味とは
  3. ディスカバリーを使った文章・例文

ディスカバリー

皆さんは「ディスカバリー」という言葉をご存知でしょうか。

英語で「discovery」と綴るこの言葉、ドキュメンタリー番組をよく見る方にはお馴染みなのではないでしょうか。

今回は「ディスカバリー」という言葉について詳しく解説します。

ディスカバリーの意味とは

ディスカバリーとは「発見」という意味です。
英語では「discovery」と綴ります。

ドキュメンタリー番組のタイトルによく使われている言葉であり、このジャンルを専門に扱う世界的なチャンネルの名前にも使われています。

「ドキュメンタリー」とは「記録映像」という意味の言葉です。
CGや合成を使わないありのままの映像を使用して、ナレーションや字幕による解説などをつけた映像作品による番組を「ドキュメンタリー番組」といいます。
大自然や野生動物の生き抜く様を映したもの、著名人の仕事の様子を追跡したもの、プロジェクトの立ち上げや運営に密着取材したものなど、さまざまなジャンルのドキュメンタリー番組が存在します。

上記のようにドキュメンタリー番組で扱う題材は、極地の大自然や企業の内部で行われる活動など、一般の人には直接見聞きすることが難しいものが選ばれます。
視聴者は番組を通して知らなかった世界を覗き見て、「新しい発見」をすることができます。
ここから、ドキュメンタリー番組を扱うチャンネルに「ディスカバリー」という名前がついたものと思われます。

>

ディスカバリーを使った文章・例文

  1. 自然体験が楽しめる旅行プランを組み、ディスカバリーツアーと名前を付けた。
  2. 私がディスカバリーチャンネルで一番好きなのは、海の生き物を扱った番組である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ