「苦笑」とは?意味や使い方を解説します!

「苦笑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「苦笑」について解説します。

目次

  1. 苦笑
  2. 苦笑(くしょう)の意味とは
  3. 苦笑の使い方・例文

苦笑

苦笑」という言葉について解説します。

「あまりのことに苦笑を浮かべる」「苦笑をもらす」といった形で使われるこの言葉ですが、皆さんも一度は見聞きしたことがあると思います。

SNSなどのテキストでは(笑)のパターンとして(苦笑)といった感じで使われているのもかなり見かけるので、日常生活の中で身近な言葉とも言えるかもしれません。

さて、そんな「苦笑」という言葉ですが、皆さんは意味を正確に把握できているでしょうか。

使い方を間違えるといらぬ誤解を招きかねない言葉でもあるのでここできちんと把握してみましょう。

ここでは、苦笑の意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

苦笑(くしょう)の意味とは

>

苦笑(読み方・くしょう)とは「他人または自分の行動や置かれた状況の愚かしさ・滑稽さに不快感や戸惑いを感じながら、しかたなく笑うこと。にがわらい」という意味の言葉となっています。

ということで「あまりのことに苦笑を浮かべる」と言った場合、「あまりのことに戸惑いを感じつつもしかたない笑みを浮かべる」というような感じになります。

ちなみに、苦笑を「にがわらい」と読む方もいるようですが、にがわらいは「苦笑い」となり送り仮名の「い」がつくので注意しましょう。

意味は苦笑も苦笑いも一緒なので読み方だけ分けて覚えておくと良いでしょう。

苦笑の使い方・例文

  • 失笑、苦笑には見下す意味合いはないが、冷笑、嘲笑には見下す意味合いがあるので注意が必要。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ