「アンビシャス」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アンビシャス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アンビシャス」について解説します。

目次

  1. アンビシャス
  2. アンビシャス(ambitious)の意味とは
  3. アンビシャスを使った文章・例文

アンビシャス

アンビシャス」という言葉について解説します。

アンビシャスと言えば、有名なのはクラーク博士が言ったとされる「ボーイズビーアンビシャス」という名言ではないでしょうか。

この名言であればみなさん一度は聞いたことがあるかと思います。意味は「少年よ大志を抱け」なので、そこから考えるとアンビシャスの意味も見えてきそうです。

とはいえ、アンビシャスという言葉のきちんとした意味を押さえておくことは大切なので、ここで一度把握してみましょう。

ここではアンビシャスの意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

アンビシャス(ambitious)の意味とは

>

アンビシャス(英・ambitious)とは「野心のあるさま、大志を抱いているさま」という意味の言葉となっています。

結局は少年よ大志を抱けの意味そのままじゃないかという指摘が入りそうですが、大志という言葉についても説明したいと思います。

大志とは「遠い未来に対する大きな希望」という意味の言葉です。意味からも分かるように遠い未来に希望を抱くことができる年代に対して用いられる言葉でもあります。アンビシャスも同じで、主に若い世代の人に対して使われることが多くなっているようです。

意味を知ってからクラーク博士の言葉を振り返ると、ボーイズビーアンビシャスという言葉を通してクラーク博士もまた若い子たちに彼の希望を託したのかもしれませんね。

アンビシャスを使った文章・例文

  • 今は色々とあるダイバーシティーな世の中だから「ボーイズビーアンビシャス」という言葉も、「ボーイズアンドガールズアンドブラックアンドホワイトアンドイエロービーアンビシャス」と言わなければならないのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ