「コンピレーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「コンピレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンピレーション」について解説します。

目次

  1. コンピレーション
  2. コンピレーション(compilation)の意味とは
  3. コンピレーションを使った文章・例文

コンピレーション

コンピレーション」という言葉について解説します。

みなさんがこの言葉を見聞きするのは「コンピレーションアルバム」という形で見聞きすることが多いのではないでしょうか。

「コンピレーションアルバム ナウ オン セール」なんて言い回しは出たての頃は「はぁ?」となっていましたが、今となっては当たり前のように使われているかもしれません。

とはいえ、このコンピレーションの意味をきちんと把握しているという方はまだまだ多くはないのではないでしょうか。

ここではそんなコンピレーションという言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

コンピレーション(compilation)の意味とは

>

コンピレーション(英・compilation)とは

  1. 編集。編集したもの
  2. コンピレーションアルバムの略
という意味の言葉となっています。

ちなみにコンピレーションアルバムとは「一定の意図に基づいて編集されたアルバム」という意味で、あるミュージシャンの代表曲を集めたもの、あるジャンルのヒット曲集といったものがコンピレーションアルバムと呼ばれます。

日本ではほぼほぼ2の意味で使われているようで、「編集しておいて」を「コンピレーションしておいて」とは言わないので注意しましょう。もし使う際は自己責任でお願いします。

よく言われるオムニバスアルバムとコンピレーションアルバムの違いですが、オムニバスは「総集編」という意味となっており、楽曲以外にも芸術、映画、ドラマなど幅広く使われます。
 

コンピレーションを使った文章・例文

  • コンピレーションアルバムを聴く時は、どういう意図を持っているのかに注目すると楽しめるかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ