「エナジー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「エナジー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エナジー」について解説します。

目次

  1. エナジー
  2. エナジーの意味
  3. エナジーを使った文章・例文

エナジー

皆さんは「エナジー」という言葉をご存知でしょうか。

「エネルギー」という言葉とどう違うのか疑問に思う人もいるでしょうが、実は同じ意味なのです。
では、何が違うのでしょうか?

今回は「エナジー」という言葉について詳しく解説します。

エナジーの意味

>

エナジーとは「力。力の源。活動力。エネルギー。」という意味です。
英語では「energy」と綴ります。

上記の通り、「エナジー」と「エネルギー」は全く同じ意味の言葉です。
よく使われるのは「エネルギー」の方ですが、こちらは実はドイツ語由来の言葉なのです。
「エナジー」は英語の「energy」をカタカナ読みしたものです。

「エナジー」が使われた言葉で最も認知度が高いのは「エナジードリンク」です。
「エナジードリンク」は疲れた時や眠い時などに飲むことで元気になることができる飲料水です。
眠気覚ましの効果を持つカフェインや、ビタミンB群に糖分といった栄養分、疲労回復に効果的なアルギニンといった成分が含まれています。
眠気覚ましにコーヒーを飲むことを好む人は多いですが、エナジードリンクは上記のようにカフェインに加えて様々な成分を摂取することが可能であり、より効果的に疲労感を回復することができます。

ただし「エナジードリンクは元気の前借り」とも言われており、飲みすぎや頼りすぎは厳禁です。
本当に元気を取り戻したければ、十分な睡眠とバランスのいい食生活を心掛けるべきでしょう。

エナジーを使った文章・例文

  1. 子供たちが遊びまわる姿はエナジーにあふれている。
  2. 今日は残業する予定なので、お昼のついでにエナジードリンクを買った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ