「ノイローゼ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ノイローゼ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ノイローゼ」について解説します。

目次

  1. ノイローゼ
  2. ノイローゼの意味
  3. ノイローゼを使った文章・例文

ノイローゼ

皆さんは「ノイローゼ」という言葉をご存知でしょうか。

ストレスが高じ不安感を覚えることで起こる「ノイローゼ」。
正しく知って、必要ならば病院にかかることも大切です。

今回は「ノイローゼ」という言葉について詳しく解説します。

ノイローゼの意味

>

ノイローゼとは「神経症」という意味です。
英語では「neurosis」と綴ります。「neurosis」の読み方は「ネウロシス」であり、「ノイローゼ」はドイツ語に由来した言葉です。

過剰にストレスがたまり長期に渡って非常に不安な気持ちを抱えていると、精神的なものを中心に様々な症状が出ます。
この症状のうち、うつ病や統合失調症より軽度なものを中心に分類されるのが「ノイローゼ」です。

「ノイローゼ」には不安感から突然発作やパニックが起きる「パニック障害」、訳もなく気分が重苦しかったり悲観的になる「抑うつ神経症」、心の歪みによる運動や感覚機能などの障害が起こる「ヒステリー」などに分類することができます。

他にも、玄関に鍵をかけたか何度も確認したくなるなどの症状が代表的な「強迫神経症」や、高所恐怖症や暗所恐怖症なども「ノイローゼ」の一種といわれています。

「ノイローゼ」は病院で診断がつくれっきとした精神疾患であり、怠け心などの言い訳ではありません。
決して、症状を抱えて苦しんでいる人を貶す意図で使ってはならない言葉なのです。

ノイローゼを使った文章・例文

  1. 職場の人間関係に悩んでいて、ノイローゼになりそうだ。
  2. 近所の奥さんは育児のストレスからノイローゼになり、実家に帰って療養しているらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ