「殆ど(ほとんど)」とは?意味や使い方を解説します!

「殆ど(ほとんど)」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「殆ど(ほとんど)」について解説します。

目次

  1. 殆ど(読み方・ほとんど)
  2. 殆ど(ほとんど)の意味とは
  3. 殆ど(ほとんど)の使い方・例文

殆ど(読み方・ほとんど)

殆ど(読み方・ほとんど)」という言葉について解説します。

「殆ど食べちゃった」「殆ど終わらせた」といったように、日常会話の中でも度々登場する言葉なので、漢字は知らなかったという方はいらっしゃるでしょうが、みなさんにも馴染みのある言葉ではないでしょうか。

大変使い勝手の良い言葉の一つと言えそうですが、殆どとはどのくらいか?といった具体的な意味を言葉で説明できるといった方は多くないかもしれません。

ここではそんな「殆ど」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

殆ど(ほとんど)の意味とは

>

殆どとは

  1. 大多数、大部分
  2. 全部とはいえないが、それに近い程度に。おおかた。
  3. もう少しのところで。すんでのことに。
  4. 切実であるさま
といった意味の言葉となっています。

4番の意味は、現代ではあまり使わないかもしれませんが、その他の意味としては9割くらいを指示していることが分かるのではないでしょうか。

英語での殆ど

日本語でも殆どと大半はどのくらいの差があるのかといった疑問を感じる方は多いようです。

意味的には、大半は「全体の半数を超えていること」となるので6~7割というイメージになりますが、英語でも同様の違いや使い分けがあります。

殆どの英語は「almost」となりますが、almostとmostの違いが、日本語での「殆ど」と「大半」の違いとほぼ同じと言えそうです。

日本語の意味と併せて覚えておいてもよいのではないでしょうか。

殆ど(ほとんど)の使い方・例文

  • 持ち金の殆どを博打で失ってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ