「サロン」とは?意味や使い方を解説します!

「サロン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サロン」について解説します。

目次

  1. サロン
  2. サロン(salon)の意味とは
  3. サロンの使い方・例文

サロン

サロン」という言葉について解説します。

日本では、ネイルサロン、オンラインサロン、サロン・ド・〇〇、といった感じで、様々なところでこの「サロン」という言葉を見かけることができます。

みなさんも、日常生活の中で度々目にすることがあると思うので、かなり身近な言葉の一つと言えます。

ですが、言葉自体は聞き慣れていても、サロンとはどんな意味か?と聞かれると説明は難しいのではないでしょうか。

ここではそんな「サロン」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

サロン(salon)の意味とは

>

サロン(仏・salon)とは

  1. 応接室。談話室。洋風の客間。
  2. フランスで、上流階級の婦人が邸宅の客間で開いた社交的な集まり。
  3. 美術展覧会
  4. 美容や飲食など接客を主とする業種の店舗などにつける語
といった意味の言葉となっています。

様々な意味を持っていそうに見えますが、大雑把に言ってしまえば「おしゃべりして交流する場所、またはそのこと」といった感じになるのではないでしょうか。

昨今、にわかに流行を見せているものの一つに「オンラインサロン」というものがあります。

意味としては2の「特定の人間が集まる社交場」的な意味が強くなっており、オンラインサロン=ウェブ上の会員制コミュニティとなるようです。

サロンの使い方・例文

  • 応接室というよりもサロンといった方がオシャレな感じがするが、その時代によっては逆にダサいとされることもある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ