「ハッシュ関数」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ハッシュ関数」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハッシュ関数」について解説します。

目次

  1. ハッシュ関数
  2. ハッシュ関数の意味とは
  3. ハッシュ関数を使った文章・例

ハッシュ関数

ハッシュ関数」という言葉について解説します。

みなさんはこの「ハッシュ関数」という言葉を見聞きしたことはありますか?

かなり専門性のある言葉ですので、一般の方が普通に過ごしている中で出会うことはおそらくないのではないでしょうか。

ハッシュ関数?と、頭の上にはてなマークがいくつも浮かんでいるという方は多いと思いますし、意味などは想像もつかないと思います。

ここではそんな「ハッシュ関数」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ハッシュ関数の意味とは

>

ハッシュ関数とは「入力されたデータに一定の計算を行い、入力値の長さによらずあらかじめ決められた固定長の出力データを得る関数。得られた値は「ハッシュ値」と呼ばれる。ちなみに、ハッシュ関数のことをメッセージダイジェスト関数とも呼ぶ」という意味の言葉となっています。

いかがでしょうか。初見だという方にとっては、意味を知ってさらに意味が分からなくなる。といった状態かもしれません。

かなりざっくりと説明すると、ある値を入力すると、関数で計算して適当な値が返ってきます。返ってくる値(ハッシュ値)は適当な値ではあるんですが、同じ値を入力すると必ず同じ値が返ってきます。

そうやって出力データを得ること、これをハッシュ関数(メッセージダイジェスト関数)と呼びます。

入力に対応する適当な値を返してくれる関数、これがハッシュ関数というものになります。

ハッシュ関数を使った文章・例

  • ハッシュ関数は検索の高速化などに用いられる関数です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ