「アドミニストレータ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アドミニストレータ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アドミニストレータ」について解説します。

目次

  1. アドミニストレータ
  2. アドミニストレータの意味とは
  3. アドミニストレータを使った文章・例

アドミニストレータ

皆さんは「アドミニストレータ」という言葉をご存知でしょうか。

コンピューターに詳しい方は、聞いたことがあるかもしれません。
略称である「アドミン」なら、パソコンを使っているときに見たことがあるのではないでしょうか?

今回は「アドミニストレータ」という言葉について詳しく解説します。

アドミニストレータの意味とは

>

アドミニストレータとは「コンピューターやネットワークなどを保守する責務を負った管理者」という意味です。
「アドミン」と略すこともあります。

英語では「administrator」と綴ります。
マンションや施設の「管理人」は「janitor」と英訳するのですが、それよりももっと強い権限を持っているイメージの「管理者」です。

本来は「管理者」全般を指す言葉のため、パソコンやネットワークに関わることを強調する目的で「システムアドミニストレータ」と言うこともあります。

アドミニストレータの役割は、不具合の修正などによりインフラを最適な状態に保つことです。
そのためには、他の者にはアクセスする権限のない特別な領域に手を加えることが可能でなければなりません。
アドミニストレータだけが知っているパスワードやシステムなどが存在し、それらを使って管理作業を行います。

インフラの保守の他にも、システムをアップデートしたり、より使いやすいように変更したり追加したりといった判断なども行います。
また、一般ユーザーの権限を変更するなども行うことができます。

アドミニストレータを使った文章・例

  1. システムに不具合が多発するので、アドミニストレータに連絡を入れた。
  2. アドミニストレータの権限で、悪質なユーザーをアクセス禁止にした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ