「インバウンド」とは?意味や使い方を解説します!

「インバウンド」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インバウンド」について解説します。

目次

  1. インバウンド
  2. インバウンドの意味とは
  3. インバウンドの使い方・例文

インバウンド

インバウンド」という言葉について解説します。

コロナ禍の中で、海外からの入国制限がされた際に話題になった言葉の一つがこの「インバウンド」ですが、みなさんも一度はニュースなどで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

とはいえ、聞いたことはあるけれど、実際どんな意味なのかよく知らないという方も多いかと思います。

「インバウンド消費(需要)が観光業の鍵となって…」なんて使い方をしますが、今回ここではそんな「インバウンド」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

インバウンドの意味とは

>

インバウンドとは

  1. 帰りの、本国行きの、の意。
  2. 電話が外からかかってくること。問い合わせの。
  3. 通信分野における外から中へ、の意。
  4. インバウンドツーリズムの略。外国人の訪日旅行、訪日旅行客のこと。
といった意味の言葉となっています。

4つの意味が挙げられていますが、共通する感覚としては「外から中に来るもの」と言えるでしょうか。

ニュースや経済の話題でインバウンドと言った場合は、ほぼ4の訪日旅行客の話題と思って良いでしょう。

ということで、インバウンド消費(需要)といった場合は、訪日旅行客が日本国内で使うお金のこととなります。

逆に、日本人が海外に行くことをアウトバウンドと言います。併せて覚えてみてください。

インバウンドの使い方・例文

  • 観光立国を目指した結果、今ではインバウンド消費が国内経済の一端を担うようになった。だから余計にコロナが憎たらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ