「ご賢察」とは?意味や使い方を解説します!

「ご賢察」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご賢察」について解説します。

目次

  1. ご賢察
  2. ご賢察の意味とは
  3. ご賢察の意味とは

ご賢察

皆さんは「ご賢察」という言葉をご存知でしょうか。

おそらく読み方も意味もなんとなくお分かりかと思われますが、言葉自体を初めて見る方が多いのではないでしょうか。
かなり硬い場面で使われる敬語なので、日常生活ではめったに使われない言葉です。
ビジネスシーンなどに縁がないと知る機会がないのではと思われます。

今回は「ご賢察」という言葉について詳しく解説します。

ご賢察の意味とは

>

ご賢察とは「目上の人が配慮することや推察することに対して敬う言葉」という意味です。
読み方は「ごけんさつ」で、「御賢察」とも書きます。

「ごけんめい」などの読み間違えをしないように気をつけましょう。
「ご賢明(ごけんめい)」とは「賢くて適切である」という意味の「賢明」に接頭語の「ご」をつけて丁寧にした言葉です。
相手の判断や行動などを褒める場合に使います。

「ご賢察ください」と書くと、「お察しください」をもっと丁寧に言った形になります。
つまり、目上の相手に対して「事情や理由などを理解してほしい」と促す際に使う言葉が「ご賢察」です。
「ご賢察いただきますようお願い申し上げます」「ご賢察の上でお越しください」など、ビジネスシーンでの使用が多い言葉です。

同じ意味の言葉に「ご高察」「ご高配」があります。
使い方もほぼ同じなので、「ご賢察」と「ご高察」「ご高配」のいずれを使っても構いません。

ご賢察の意味とは

  1. 仔細ご賢察の上、ご意見を賜りたくお願い申し上げます。
  2. 恐れ入りますが、事情をご賢察いただければ幸いです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ