「サプライヤー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「サプライヤー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サプライヤー」について解説します。

目次

  1. サプライヤー
  2. サプライヤーの意味とは
  3. サプライヤーを使った文章・例

サプライヤー

皆さんは「サプライヤー」という言葉をご存知でしょうか。

「供給」という意味の「supply(サプライ)」に由来する言葉です。
単純に訳せば「供給する人」となりますね。

今回は「サプライヤー」という言葉について詳しく解説します。

サプライヤーの意味とは

サプライヤーとは「商品などの仕入先。供給元。納品業者。」という意味です。
特に、供給先が企業である業者を指すことが多く、業務に必要な何らかの品物やサービスなどを売る人のことを指します。

対義語は「買い手」という意味の「バイヤー」という言葉です。

「サプライヤー」は「メーカー」という言葉と混同されがちですが、「メーカー」は商品を作る「製造業者」です。
「メーカー」が作った商品を「サプライヤー」が供給元となって売る、という関係性となります。
ただし「メーカー」が「サプライヤー」を兼ねていることもあるので、同一視されがちであることに注意が必要です。

また、同じように混同されがちな言葉に「ベンダー」があります。
こちらも商品やサービスを売る役割を指す言葉ですが、「ベンダー」が顧客としているのは消費者であり、町のスーパーや小売店などがそれにあたります。
仕入先である「サプライヤー」から商品などを仕入れ、加工したり値段をつけたりして消費者へと売るのが「バイヤー」の役割です。

>

サプライヤーを使った文章・例

  1. 設備の拡張をすることになったので、サプライヤーに必要な部品の仕入れを依頼した。
  2. サプライヤーから新しい商品ラインナップのカタログが届いた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ