「ハイパースレッディング」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ハイパースレッディング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハイパースレッディング」について解説します。

目次

  1. ハイパースレッディング
  2. ハイパースレッディングの意味とは
  3. ハイパースレッディングを使った文章・例

ハイパースレッディング

皆さんは「ハイパースレッディング」という言葉をご存知でしょうか。

コンピューターの高速化を目的としたシステムであり、アメリカのIntel社が開発したものです。

今回は「ハイパースレッディング」という言葉について詳しく解説します。

ハイパースレッディングの意味とは

ハイパースレッディングとは「Intel社がマイクロプロセッサ製品に搭載している、実際には一つしかないコアが二つあるように見せかける技術」です。

マイクロプロセッサとはCPUとも呼ばれるもので、コンピューターの動作を制御する部品のことです。
この部品が動くことでコンピューター内部で演算が行われ、あらゆるプログラムが稼働するのです。

マイクロプロセッサには「プロセッサコア」というものが存在し、通常は一つのコアにつき一つの演算が行われます。
コアの性能が良いほど高速で演算が行われる、スペックの高いコンピューターということになります。

しかし高性能なコアならば、一つの計算に必要な領域はコアの性能の一部で済み、別種の演算に使用する領域は空いています。
この空いた領域で同時に別の演算を行うことを可能にしたのが「ハイパースレッディング」というIntel社の技術なのです。
二種類の演算が同時に行われると、まるで二つのコアが存在しているように見えるのです。

>

ハイパースレッディングを使った文章・例

  1. ハイパースレッディングに対応した端末で高速処理ができるようになった。
  2. ハイパースレッディングはあくまでも疑似的なものなので、できないことも少なくない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ