「豊潤」とは?意味や使い方を解説します!

「豊潤」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「豊潤」について解説します。

目次

  1. 豊潤
  2. 豊潤(ほうじゅん)の意味とは
  3. 豊潤の使い方・例文

豊潤

豊潤」という言葉について解説します。

「豊潤な大地」「豊潤な肌」といった使い方をするこの言葉。

美容系の広告などでよく使われる言葉なのでみなさんも日常の中で度々目にする言葉なのではないでしょうか。

読み方は別としても漢字から言葉の意味は想像がつきそうですが、ここで一度改めておさらいをしてみましょう。

ということで、ここではそんな「豊潤」という言葉について、意味や使い方・読み方、例文などを詳しく紹介していきます。

また同じ読み方の芳醇との意味の違いについても触れますので、ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

豊潤(ほうじゅん)の意味とは

>

豊潤(読み方・ほうじゅん)とは「豊かでうるおいのあること、またそのさま」という意味の言葉となります。

ということで「豊潤な大地」といった場合は、「豊かで潤っている大地」という意味になります。

大地、肌などの他にも音色、味などにもこの豊潤という言葉は使われているようです。使い勝手の良い言葉なので覚えておくと便利なのではないでしょうか。

ちなみに、まったく同じ読み方をする「芳醇」との違いですが、芳醇は「香りが高く味がよいこと」という意味の言葉です。

豊潤がうるおっていることであることに対し、芳醇は香りが良いという意味なのできちんと区別して使い分けられるようにしてみてください。

豊潤の使い方・例文

  • 野性味溢れる豊潤な汁の滴る熊肉を豪快にかぶりつく
  • 産まれたての赤ちゃんのような豊潤な美肌
  • 豊潤な土地を求めてゲルマン民族は大移動したのだろうか

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ