「芳醇」とは?意味や使い方を解説します!

「芳醇」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「芳醇」について解説します。

目次

  1. 芳醇
  2. 芳醇(ほうじゅん)の意味とは
  3. 芳醇の例文・使い方

芳醇

芳醇」という言葉について解説します。

「芳醇な香り」「芳醇なワイン」といった使い方をするこの言葉。

ビールのCMなどでもよく使われる言葉なので、みなさんも日常的に見聞きしている言葉の一つなのではないでしょうか。

よく使われる言葉なので、調べたことがなくても意味はなんとなく把握していると思いますが、芳醇とは。と聞かれると意外とすっと答えられないかもしれません。

ここではそんな「芳醇」という言葉について、意味や使い方・読み方、例文などを詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

芳醇(ほうじゅん)の意味とは

>

芳醇(読み方・ほうじゅん)とは「香りが高く味のよいこと。またそのさま。多くは酒にいう」という意味の言葉となります。

意味にもあるようにお酒に対して多く使われています、他にはコーヒーなど嗜好品に対しても使われるようです。

ということで、「芳醇なワイン」といった場合、「香り高く美味しいワイン」という意味になることが分かると思います。

全く同じ読み方をする豊潤という言葉があり、つい混同しがちかもしれません。

豊潤は「豊で瑞々しく、潤いがある」という意味ですので芳醇とは意味がかなり違います。

この点も併せて覚えておくと区別がついて、誤用も防げるのではないでしょうか。

芳醇の例文・使い方

  • ここの喫茶店のマスターが淹れるコーヒーは、香りが芳醇でよその店とは一線を画す味わいだ。
  • 地元で採れた新鮮な野菜を使った料理と、地元で作られた芳醇なワインを楽しめるレストランはここだけだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ