「手抜かり」の意味とは?意味や使い方を解説!

「手抜かり」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「手抜かり」について解説します。

目次

  1. 手抜かり
  2. 手抜かりの意味とは
  3. 手抜かりを使った文章・例

手抜かり

手抜かり」という言葉について解説します。

みなさんはこの「手抜かり」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

「手抜かりがあってはならない」「手抜かりないように」といった形で使われるこの言葉。

現代の日常会話の中ではあまり見聞きする機会は少ないかもしれませんし、時代劇などで使われる言葉というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

ここではそんな「手抜かり」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

覚えておいて損のない言葉なので、ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

手抜かりの意味とは

>

手抜かりとは「不注意のため、しなければならないことを十分にしないこと」「注意が行き届かないための失策。手落ち」といった意味を持つ言葉となっています。

ということで、「手抜かりがあってはならない」と言った場合、「注意を欠いて気付かずにミスがあってはならない」というような意味になることが分かるのではないでしょうか。

手抜かりというのは、要するに「注意をしていれば起きなかったミス」「気の緩みから何かに気付かずに起きた失敗」と覚えておいても良いのではないでしょうか。

ちなみに、時代劇の中では斬られた悪人が「…ぬかったわ…」と呟いて倒れるようなシーンがイメージつくかと思います。

この「ぬかった」は手抜かりを省略した形です。

油断した、気付かなかったというような意味の最後の台詞と言えるでしょう。

手抜かりを使った文章・例

  • コロナ対策は手抜かりがあってはならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ