「好人物」の意味とは?意味や使い方を解説!

「好人物」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「好人物」について解説します。

目次

  1. 好人物
  2. 好人物の意味とは
  3. 好人物を使った文章・例

好人物

皆さんは「好人物」という言葉をご存知でしょうか。

現在の日常生活ではあまり聞かない言葉でありながら、どういう意味なのかだいたい想像できるという方が多いのではないでしょうか。

今回は「好人物」という言葉について詳しく解説します。

好人物の意味とは

好人物とは「気立ての良い性格の人。お人よし。」という意味です。
読み方は「こうじんぶつ」です。

「好人物」と呼ばれる人には、礼儀正しく人当たりが良かったり、誠実で真面目だったりといった特徴があります。
また誹謗中傷を口にしない、穏やかな性格など、他人を害するようなところがないと感じられる性格の人も当てはまることが多いです。
一緒にいて安心感がある、信頼を置くことができる人のことを、一般的に「好人物」と呼ぶようです。

「好人物」の意味に含まれる「気立て」とは、「心の持ち方。気質。」という意味です。
やや古い言葉で、「気立てが良い」という言葉は良い印象の女性を褒める形で使われることが多いです。
「好人物」は男女問わず使える言葉なので、そちらの印象に引きずられないように正しい意味を覚えましょう。

また、同じく意味に含まれる「お人よし」という言葉ですが、あまり良い意味で使われないこともあります。
悪い意味の場合、主に「他人の都合に振り回されて損をしている人」という意味で使われることが多く、欠点として語られることすらしばしばあります。

>

好人物を使った文章・例

  1. 彼はお年寄りや小さい子を連れた女性に優しく、なかなかの好人物と言える。
  2. 好人物と呼ばれる人の特徴の一つに、物腰が柔らかいことが挙げられると思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ