「一花咲かせる」の意味とは?意味や使い方を解説!

「一花咲かせる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一花咲かせる」について解説します。

目次

  1. 一花咲かせる
  2. 一花咲かせるの意味とは
  3. 一花咲かせるを使った文章・例

一花咲かせる

皆さんは「一花咲かせる」という言葉をご存知でしょうか。

誰しも輝かしい成功には憧れるもの。
一瞬でいい、ひと時でいいから栄光を掴みたい!と思いませんか?

今回は「一花咲かせる」という言葉について詳しく解説します。

一花咲かせるの意味とは

一花咲かせるとは「ひと時活躍して華やかに栄える」という意味です。

「一花」は「ひとはな」と読みます。意味は「一輪の花」です。
「一花咲かせる」という言葉は一輪の花を咲かせるように活躍するという比喩表現ですが、花が一輪咲いただけではすぐに散ってしまっておしまいになってしまいます。
そういった部分も「一時期だけの栄光」という形で意味に含まれている、儚さを併せ持った表現です。

用例の多くは「せめて一花咲かせたい」といった、少しでいいから成功したいという願望の文脈で使われるものです。
過去に大きな栄光を手にしたが年月が経つにつれて落ちぶれてしまった者、長年努力しても報われなかった者などが口にすると、長い時間を費やした見返りにたった一時期の光を求める悲哀が感じられます。
また、夢を抱いた若者の言葉となると、「一花咲かせたい」と言いつつ一花では終わらせないという気概も感じることができるでしょう。

似た言葉に「一旗揚げる」があります。
こちらは「成功するために新たな事業を始めること」という意味です。
「一花咲かせる」は一時の成功という「結果」ですが、「一旗揚げる」は成功のために始めるという「出発」です。
意味の違いに気をつけましょう。

>

一花咲かせるを使った文章・例

  1. 先輩は部活引退前に一花咲かせたいと言って、練習に燃えていた。
  2. 病を押して舞台に立ったその俳優は、見事一花咲かせることができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ