「アドバイザー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アドバイザー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アドバイザー」について解説します。

目次

  1. アドバイザー
  2. アドバイザーの意味とは
  3. アドバイザーを使った文章・例

アドバイザー

皆さんは「アドバイザー」という言葉をご存知でしょうか。

意味は難しくありませんが、類似した言葉との使い分けはどうすればいいのでしょうか?

アドバイザーの意味とは

アドバイザーとは「助言者。顧問。忠告者。」という意味です。

よく似た意味の言葉に「コンサルタント」があります。
こちらは「特定のジャンルについての専門的な知識を持ち、その分野において顧客からの相談を受けて解決策を示すことを仕事としている人」という意味です。

「コンサルタント」は厳密に「職業」の名称であるのに対して、「アドバイザー」は職業名の場合もあれば、金銭の関わらない単なる「助言者」を指すこともあります。
つまり「アドバイザー」の方が広い意味で使われているのですが、職業名としての二つの言葉の違いは曖昧なようです。

一説には、「コンサルタント」は企業の取締役などの「個人」を相手に業務を行う傾向にあるようです。
特定の課題についての相談を受けて深いやり取りを行い、問題点を分析して解決策を提示するといった業務を行っているとされています。
時には内部機密に触れるやり取りをしたりなど、半ばその企業の構成員や役員同様の立場に立つこともあります。

それに対して、「アドバイザー」は企業そのものや部署、チームといった「集団」が対象の仕事だとされています。
問題そのものの解決よりは、組織の状態を改善しより良い環境やシステムを構築するということを目的とした「助言」を行う仕事であると認識されています。

>

アドバイザーを使った文章・例

  1. チームの成績を伸ばすため、外部からアドバイザーを呼んだ。
  2. 彼は友人たちの間で良いアドバイザーとして知られている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ