「ガイドライン」とは?意味や使い方を解説します!

「ガイドライン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ガイドライン」について解説します。

目次

  1. ガイドライン
  2. ガイドラインの意味とは
  3. ガイドラインの使い方・例文

ガイドライン

ガイドライン」という言葉について解説します。

このガイドラインという言葉、みなさんも見聞きしたことがあると思います。

特に、新型コロナが流行してから、この言葉を見聞きする機会がかなり増えたのではないでしょうか。

感染拡大予防ガイドライン。業種別ガイドライン。といった形で様々なところで使われています。

ということで、ここではそんな「ガイドライン」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ガイドラインの意味とは

>

ガイドラインとは

  1. 政策、施策などの指針。指標。
  2. ワープロやレタリングなどで、位置を示す線。
  3. 「日米防衛協力のための指針」の通称
といった意味の言葉となっています。

ということで、感染拡大予防のガイドラインといった場合は、感染拡大予防という施策の指針。という意味になることが分かるのではないでしょうか。

2の意味は罫線を想像すると分かりやすいと思います。

また、3の意味は新聞やニュースで登場することが度々あります。併せて覚えておくとスムーズにニュースを読み取れるようになるのではないでしょうか。

コロナについては、至る所や様々なイベントでガイドラインがあります。餃子屋さんがマスクをしていない人の入店を拒否するのも、お店独自のガイドラインと言えるかもしれません。

指針、指標という意味もあるので従うようにしたいものです。

ガイドラインの使い方・例文

  • イベントを催すにあたってはコロナについてのガイドラインをきちんと決めておかなければならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ