「人間模様」の意味とは?意味や使い方を解説!

「人間模様」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「人間模様」について解説します。

目次

  1. 人間模様
  2. 人間模様の意味とは
  3. 人間模様を使った文章・例

人間模様

皆さんは「人間模様」という言葉をご存知でしょうか。

複雑な人間関係を織物の模様に例えた言葉です。
いろいろな人たちを外から観察していると、面白いドラマが見えてくるものですね。

今回は「人間模様」という言葉について詳しく解説します。

人間模様の意味とは

>

人間模様とは「複雑に絡み合う人間関係を、織物が織り成す模様に例えた言葉」という意味です。

多くの人物が交わる関係性の様子を、俯瞰的な視点から観測した言葉と言えます。
あくまでも観測者から見た人間関係の複雑さを表した言葉なので、関係者の全員が知り合いという必要はありません。
また、観測者本人がその関係性のどこかに関わっている必要もありません。全く無関係の人たちの様子を遠くから観察しているだけということもあります。
この観測者の視点は、いわゆる「神の視点」という言い方もできます。

創作物のジャンルの一つとして「群像劇」というものがあります。
特定の主人公が存在しない、ある一定の共通項に関わる人たちにまつわる話を短編を繋ぐような形で描く物語です。
それぞれ独立した内容の短編を集めたオムニバス形式と、一見バラバラに見えた話が徐々に繋がり最終的に一つの結末に収束するパターンの二通りが存在します。
どちらであっても、その物語の全貌を知るのは世界の外にいる読み手だけであり、登場人物の誰かではありません。
言うなれば「群像劇」とは読み手という「神の視点」から見た「人間模様」を描く物語なのです。

人間模様を使った文章・例

  1. 彼に関わる人たちの人間模様は、話を聞いているだけで面白い。
  2. 知らない業界の人間模様を描いた作品を読むのが好きだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ