「悪計」の意味とは?意味や使い方を解説!

「悪計」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「悪計」について解説します。

目次

  1. 悪計
  2. 悪計の意味とは
  3. 悪計を使った文章・例

悪計

皆さんは「悪計」という言葉をご存知でしょうか。

単純に考えれば「悪い計画」ということになりますが、それは誰にとっての「悪」でしょうか?

今回は「悪計」という言葉について詳しく解説します。

悪計の意味とは

>

悪計とは「悪意のある計画。わるだくみ。愚かで軽率なことを人にさせようという計略」という意味です。
読み方は「あっけい」です。

「悪計をめぐらす」などのように使います。
同義語に「奸計(かんけい)」があります。

誤用されがちな意味として、「誤って立ててしまった、その人にとって不利になるような計画」というものがあります。
厳密には「計画」ではなく「手段」「行動」ですが、この意味に近い言葉には「悪手(あくしゅ)」があります。
主に碁や将棋などで、自分にとって不利になる手を指す言葉です。

この「悪手」と混同されてしまいがちな「悪計」ですが、二つの言葉に使われている「悪」が指しているのは全く違うものです。
「悪手」の「悪」は本人に悪い効果をもたらすものですが、「悪計」の「悪」は他人への悪意なのです。
「悪計」とは「悪い計画をめぐらすこと」なのです。

この混同による誤用がしばしば発生することから、現在は「悪計」という言葉自体があまり使われない傾向にあります。
どちらかといえば、同義語の「奸計」の方がよく使われているのではないでしょうか。

悪計を使った文章・例

  1. 息子がこちらを見てにやにや笑っているのは、どうやら悪計をめぐらせているらしい。
  2. ライバルの悪計にはまり、出世のチャンスを失ってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ