「胸糞が悪い」の意味とは?意味や使い方を解説!

「胸糞が悪い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「胸糞が悪い」について解説します。

目次

  1. 胸糞が悪い
  2. 胸糞が悪いの意味とは
  3. 胸糞が悪いを使った文章・例

胸糞が悪い

皆さんは「胸糞が悪い」という言葉をご存知でしょうか。

なんだか見るだけで不愉快な気分になる言葉ですね。
皆さんの誰もが、多かれ少なかれ経験したことがある感覚でしょう。

今回は「胸糞が悪い」という言葉について詳しく解説します。

胸糞が悪いの意味とは

>

胸糞が悪いとは「胸がむかむかするほど不快である。嫌悪感で気分が悪い。いまいましい。」という意味です。

「胸糞」は「むなくそ」と読みます。
「胸くそ」と一部平仮名表記になったり、「が」を省略されたりといった表記もよくあります。

「胸糞」単体では「胸」を卑しめる意味で強調する言葉であり、「むねくそ」とも読みます。
人体の構造を考えても分かる通り、「胸糞」というものが実際に存在するわけではありません。

しかし、体調などの問題で吐き気を催したり、吐くまでに至らずとも胸がむかむかするような感覚があったりということはしばしばあります。
これを「胸に不快なものが詰まったような感覚」とみなしたことが、「胸糞が悪い」という言葉の由来です。

また体調に問題がなくても、嫌悪感を催すようなものを見て不愉快な気分になると胸の辺りがむかむかしてくるような感覚に陥ることがあります。
この状態を表す比喩表現として使われているのが、「胸糞が悪い」という言葉なのです。

胸糞が悪いを使った文章・例

  1. あいつは上司に取り入るなど口のうまさだけで出世したような奴であり、顔を見るだけで不愉快で胸糞が悪い。
  2. テレビをつけると、胸糞が悪くなるような事件のニュースが毎日のように流れている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ