「受託」の意味とは?意味や使い方を解説!

「受託」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「受託」について解説します。

目次

  1. 受託
  2. 受託の意味とは
  3. 受託を使った文章・例

受託

皆さんは「受託」という言葉をご存知でしょうか。

構成する漢字から何となく意味を予想できるかもしれませんが、ビジネスでよく使う言葉のため、きちんと理解しておく必要があります。

今回は「受託」という言葉について詳しく解説します。

受託の意味とは

>

受託とは「頼まれて引き受けること。また、頼まれてお金や物品を預かること。」という意味です。
読み方は「じゅたく」です。「じゅだく」と読むと「受諾」という別の言葉になってしまうので気をつけましょう。

「頼まれる」だけでなく、それを「引き受ける」までが意味に含まれる言葉です。
熟語の成り立ちが「託」されたものを「受」け入れるという構成になっていることからも分かります。

読みを間違えやすい言葉として挙げた「受諾」は、単に「引き受ける、受け入れる」という意味の言葉です。
「諾」は「引き受ける」「返事をする」という意味なので、「受諾」は同じ意味の漢字を組み合わせた熟語です。
「引き受ける」ためには「頼まれる」ことが前提としてあるため、ほぼ同じ意味と感じられるのではないでしょうか。

では二つの言葉の明確な違いは何かというと、「受諾」は頼まれたことを「了承する」意味であるのに対し、「受託」は頼まれたことを「実行する」という意味なのです。
よって、企業などから業務を請け負う場合は「受託」の方が適しているのです。

受託を使った文章・例

  1. 新しいゲームを制作しているチームから、デザイン業務を受託した。
  2. 企業と契約して、商品の在庫管理を受託していただいた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ