「算段」の意味とは?意味や使い方を解説!

「算段」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「算段」について解説します。

目次

  1. 算段
  2. 算段の意味とは
  3. 算段を使った文章・例

算段

算段」という言葉について解説します。

「トップに返り咲く算段をする」「引っ越し費用を算段する」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

意味については文脈から「計算する」「工面する」といった感じで考える方が多いと思いますが、きちんとした意味を知っている方は案外多くないかもしれません。

ここではそんな「算段」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

算段の意味とは

>

算段とは

  1. 苦心してよい方法や手段を考えること
  2. あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること。工面。
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで、「トップに返り咲く算段をする」といった場合「再びトップになるために苦心してその方法を考え出すこと」となることが分かると思います。

算段の意味として苦心して考える。工夫して工面する。というものがあることは意外だったのではないでしょうか。

少なからず苦労して考える。普通なら上手くいかなそうなことに工夫して筋道をつける。そんな意味合いがあると言えそうです。

この点を押さえて意味を把握しておくと良いかもしれませんね。

算段を使った文章・例

  • 文化祭の出し物として、通常なら許可がでないかもしれないが、先生達を説得する算段は頭の中でついている。
  • 予算を使い切った後に、新たに追加発注だなんてどう頑張っても算段がつかないかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ