「不釣合い」の意味とは?意味や使い方を解説!

「不釣合い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不釣合い」について解説します。

目次

  1. 不釣合い
  2. 不釣合いの意味とは
  3. 不釣合いを使った文章・例

不釣合い

不釣り合い」という言葉について解説します。

「不釣り合いなカップル」「身の丈に合わない不釣り合いな家」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあると思います。

不釣り合い。という字面から意味の想像がなんとなくつくので、把握している方も多くいらっしゃるかもしれません。

ですが、この不釣り合いという言葉について、ここで改めておさらいしてみるのはいかがでしょうか。

ここではそんな不釣り合いという言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

不釣合いの意味とは

>

不釣り合いとは「つりあわないこと。また、そのさま」という意味になっています。

シンプルな意味なので、「うん。知ってた」と読者の声が聞こえてきそうですが、使い方となるとけっこう幅広いものとなっています。

人間関係などでも、不釣り合いな交友関係、不釣り合いなカップルなどと使いますし、単純にバランスが取れていない状態のことも指して使います。

また、類義語として「ふさわしくない」「アンバランス」といった語もあります。そういったことも含めると、かなり様々な場面で使われるので使い方も併せて覚えてみてください。

不釣合いを使った文章・例

  • 君がいつまでもここにいるのはふさわしくないし、君の能力とここの仕事の内容は不釣り合いだ。
  • 無理をして自分に不釣り合いの人間関係を築くと、疲れるだけだ。
  • 不釣り合いなほど大きな目をした人が多くなっている気がするのは気のせいだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ