「念願」とは?意味や使い方を解説します!

「念願」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「念願」について解説します。

目次

  1. 念願
  2. 念願(ねんがん)の意味とは
  3. 念願の使い方・例文

念願

念願」という言葉について解説します。

「念願叶ってあの子と付き合えることになった」「念願のウイスキーを手に入れた」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも日常の中で見聞きしたことがあると思います。

この言葉の使い方としては「念願叶って〇〇〇」「念願の〇〇」の形が多いのではないでしょうか。

意味も文脈から想像がつくので、みなさんもなんとなく把握しているかと思いますが、ここで一度きちんと把握してみましょう。

ここではそんな「念願」という言葉の、意味や読み方・使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

念願(ねんがん)の意味とは

>

念願(読み方・ねんがん)とは「常に心にかけて強く望むこと。またその望み」という意味の言葉となっています。

ということで「念願叶ってあの子と付き合えることになった」といった場合、「ずっと思ってた望みが叶ってあの子と付き合えることになった」という意味になることが分かると思います。

念願=強く望む と整理すると分かりやすいのではないでしょうか。

ポイントとしては「常に」「強く」ということで、思いの深さのようなものがある言葉となります。

みなさんにも一つは自分なりの念願の〇〇があるのではないでしょうか。

念願の使い方・例文

  • 念願叶って3浪して医学部に入ったが、周りのレベルの高さを感じて喜んでいる場合ではなくなってしまった。
  • 念願の日本開催のオリンピックだったが、コロナのせいでどうなるかも分からない状況が続いている。個人的には開催してほしいです

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ