「厳罰」とは?意味や使い方を解説します!

「厳罰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「厳罰」について解説します。

目次

  1. 厳罰
  2. 厳罰(げんばつ)の意味とは
  3. 厳罰の使い方・例文

厳罰

厳罰」という言葉について解説します。

「飲酒運転の厳罰化」「厳罰を科す」といった使われ方をするこの言葉。

みなさんもニュースや報道で触れたことがあるのではないでしょうか。

実際に厳罰に処された。という経験がある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、どちらかというと実際にはあまり縁のない言葉。縁を持ちたくない言葉かもしれません。

意味や使い方は把握されている方がほとんどだと思いますが、ここで一度おさらいしてみるのはいかがでしょうか。

ここではそんな「厳罰」という言葉について、意味や読み方・使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

厳罰(げんばつ)の意味とは

>

厳罰(読み方・げんばつ)とは「厳しく罰すること。また、その罰」という意味の言葉となります。

そのままじゃん!という皆さんの声が聞こえてきそうですが、厳罰=厳しい罰となります。

飲酒運転の厳罰化といった場合は、飲酒運転を厳しく罰するようにする。という意味になります。

この言葉が使われるシーンとしては、意味からも分かるようにシリアスで笑えない場面が予想されます。

それゆえに、あまり実生活では出会いたくない言葉と言えるのではないでしょうか。

厳罰の使い方・例文

  • 飲酒運転の次は煽り運転が厳罰化された。ある程度は減るだろうが、根絶は難しいかもしれない。
  • タレントの不祥事があると、SNS上ではとにかく厳罰を与えたいと考える人間が一定数いるようだ。少し恐ろしい気がする。
  •  

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ