「互助関係」の意味とは?意味や使い方を解説!

「互助関係」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「互助関係」について解説します。

目次

  1. 互助関係
  2. 互助関係の意味とは
  3. 互助関係を使った文章・例

互助関係

皆さんは「互助関係」という言葉をご存知でしょうか。

初めて見たという方でも、漢字の意味を考えればなんとなく意味は分かるのではないでしょうか。

今回は「互助関係」という言葉について詳しく解説します。

互助関係の意味とは

>

互助関係とは「お互いに助け合う関係。」という意味です。
読み方は「ごじょかんけい」です。

「互」いに「助」ける「関係」ということで、漢字を見るだけで意味を類推しやすい四字熟語だといえます。

「互いに」とありますが、一対一とは限りません。複数の人物がそれぞれに利益を与え合う場合でも使うことができます。
「互助会」と名の付く会がありますが、これは同じ原因で困っている人たちの集まりであり、会員が相互に助け合うことでそれぞれの問題を解決することを目指したものです。
「互助会」が作られるのは犯罪被害者や自殺者の遺族など、自分一人だけでは解決が困難な問題を抱えた人たちの集まりであることが多いです。
共通点を持った人たちが集まってお互いをケアし合う相互関係となることで、第三者には分からないことを共有できるというメリットがあるのです。

ただし、誰かが一方的に利益を与えるだけ、あるいは与えられるだけという状態になっている場合には使うことができない言葉です。
お互いにお互いのためになることをする、与え合う相互関係であることが重要な要素なのです。

互助関係を使った文章・例

  1. 旅行が共通の趣味である友人とは、隠れた名所を教え合う良き互助関係だ。
  2. 夫婦は共に人生を歩んでいく互助関係であるべきだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ