「絶好」とは?意味や使い方を解説します!

「絶好」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「絶好」について解説します。

目次

  1. 絶好
  2. 絶好の意味とは
  3. 絶好の使い方・例文

絶好

皆さんは「絶好」という言葉をご存知でしょうか。

「絶好調」という言葉があるので、「ぜっこう」という読み方や意味は何となく分かりそうですね。

今回は「絶好」という言葉について詳しく解説します。

絶好の意味とは

>

絶好とは「物事をするのに極めて良いということ」という意味です。
読み方は「ぜっこう」です。

「絶交」と誤記あるいは誤解してしまうと「相手との関係を一切断つこと」という別の意味になってしまうので気をつけましょう。

「絶」という漢字には複数の意味がありますが、この場合は「優れる。この上ない。」あるいは「極めて。甚だ。」という意味が該当します。
「絶景」や「絶妙」のように、後に続く言葉を良い意味で強める役割を持ちます。

「絶好の機会」「絶好の○○日和」などのように使います。

この言葉から連想する、含まれると思われる言葉で、最も認知度が高いのは「絶好調」でしょう。
悪いところが何もない、体の具合や物事の進みが非常に調子がいいという意味で使われています。
対義語が「絶不調」であるところから、「絶好調」の「絶」を「極めて。甚だ。」の意味で用いて「とても好調である」という構成になっていると思われる熟語です。
「絶好」と「調子」が一つになって「子」が省略された形、という解釈は正確ではなさそうであり、たまたま漢字の並びが重なるだけだと思われます。
つまり厳密には「絶好」という言葉が含まれた、使われたというわけではなさそうです。

絶好の使い方・例文

  1. 今日は雲一つない晴天で、絶好のハイキング日和だ。
  2. 昇進のための絶好のチャンスが巡ってきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ