「教育格差」の意味とは?意味や使い方を解説!

「教育格差」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「教育格差」について解説します。

目次

  1. 教育格差
  2. 教育格差の意味とは
  3. 教育格差を使った文章・例

教育格差

教育格差」という言葉について解説します。

2020年のコロナ禍がもたらした弊害の一つとして語られる「教育格差」

社会情勢に精通し、日本の将来を憂う皆さんであれば一度は見聞きした言葉だと思いますが、たまたまニュースを見る時間が取れずに初めてこの言葉を見たという方もいらっしゃると思います。

コロナ禍以前から少しずつ話題になっていた言葉でもありますし、漢字からも意味は想像がつきそうですが、ここでは教育格差について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

教育格差の意味とは

>

教育格差とは「親の収入などによる各家庭の格差が子供の教育環境にも反映される問題。家庭環境により受けることのできる教育に生じる格差のこと。」という意味の言葉となっています。

似た言葉に「学力格差」という言葉があり、同じような意味として捉えられることがあります。

ですが、教育格差は子供にはどうすることもできない生まれが要因で起きる格差のことで、学力格差は同年代の子供の学力の差のことなので、意味として全く違います。

学力格差は教育格差がもたらすものの一つと言えます。

2020年のコロナ禍の中で、仕事を失った家庭や収入が減るなどの影響を受けて、この教育格差がさらに広がったと言われています。

今後の日本が解決していかなければならない問題の一つと言えるでしょう。

教育格差を使った文章・例

・教育格差は経済格差や貧困といった問題とも深く関わっているため、見て見ぬふりはできない問題である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ