「同業者」の意味とは?意味や使い方を解説!

「同業者」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「同業者」について解説します。

目次

  1. 同業者
  2. 同業者の意味とは
  3. 同業者を使った文章・例

同業者

同業者」という言葉について解説します。

社会人の方であれば誰しも一度は見聞きしたことがあるであろう言葉の一つがこの「同業者」。

みなさんも日常の中で度々見聞きし、使っているかと思います。

同業者という言い方以外にも、同業他社、同業組合といった使い方もありますが、これらの言葉も含めて意味をきちんと把握されているでしょうか。

読んで字のごとくといった感があるので、調べたことがあるという方は意外と少ないかもしれません。

ここではそんな「同業者」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

同業者の意味とは

>

同業者とは「同じ職業や業種の人」という意味の言葉となります。

うん。知ってた。という言葉も聞こえてきそうですが、同業者については読んで字のごとくそのままの意味です。

プライベートで同業者の方に出会うと嬉しくなるのは同じ職業ということで、似たような苦労や経験を共感できるからでしょうか。

冒頭で紹介した同業他社ですが、意味は「同じ業界を仕事をしている、他の会社」となります。

同業他者と混同している方もいらっしゃるようですが、同業他者だと意味としては「同じ職業の他人」となるので同業者と同じになりそうです。

同業他社といった場合は会社を指す言葉であるというのも併せて覚えておきましょう。

同業者を使った文章・例

  • 仕事をしていると同業者だからこそ分かるサボリ、手抜きが目に付くことがあるため、クレーマーが同業者ということがままある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ