「投資家」の意味とは?意味や使い方を解説!

「投資家」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「投資家」について解説します。

目次

  1. 投資家
  2. 投資家の意味とは
  3. 投資家を使った文章・例

投資家

皆さんは「投資家」という言葉をご存知でしょうか。

ノウハウを学べば家にいながら資産を増やせる、夢のような職業と言えるかもしれませんね。

今回は「投資家」という言葉について詳しく解説します。

投資家の意味とは

>

投資家とは「将来価値が上昇することを見越したものに資金を投入して、そこから利益を得ようとする者」という意味です。

投資家には大きく分けて三種類存在します。
まずは投資で収入を得ることを職としている「個人投資家」、そして顧客から預かった資金で巨額の投資運用を行う企業や機関である「機関投資家」があります。
さらに、海外に居住していながら日本の市場で投資を行う個人または機関投資家を特別に「海外投資家」と呼びます。

個人投資家が主に投資を行う手段は、株券の購入です。
将来価値が上がりそうな銘柄を予想し、値が低いうちに購入します。そして企業の業績好調などで株価が上がった時に売りに出せばその差額が利益になるという仕組みで、どの株をいつ売買するかという見極めが重要です。

機関投資家の代表格は、金融機関や保険会社、投資信託です。
顧客から集めた資金で投資を行い収益を生み、顧客にも還元するという業務を行っています。

これらのことを海外を拠点に行っているのが海外投資家であり、海外企業の日本支部などもその一つです。
日本市場における海外投資家は大きな割合を占めており、その動向が常に注目されています。

投資家を使った文章・例

  1. 投資家になろうと思い、不動産の売買を学び始めた。
  2. 先端科学技術は、全国の投資家が注目している事業だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ