「資産家」の意味とは?意味や使い方を解説!

「資産家」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「資産家」について解説します。

目次

  1. 資産家
  2. 資産家の意味とは
  3. 資産家を使った文章・例

資産家

皆さんは「資産家」という言葉をご存知でしょうか。

何となく「お金持ち」のイメージがある言葉ですが、似たような言葉は他にもたくさんあります。
それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

今回は「資産家」という言葉について詳しく解説します。

資産家の意味とは

>

資産家とは「金銭やそれ以外の資産、あるいは財産を多く保有している人、または一族」という意味です。

具体的にいくら以上の資産を保有している人、という定義は特にありません。

「金銭以外の資産」とは、自宅を含む不動産や株券などの有価証券、その他事業の資金にすることができるもの全てです。
一般的に、これらを元に自ら事業や投資を行いさらに資産を増やす能力がある人のことを「資産家」と呼んで差し支えないでしょう。

似たような言葉で「高所得者」がありますが、こちらの意味は「年収の高い人」で、年収800万円以上という定義があります。
「資産家」は自分の資産で稼ぐ能力のある人ですが、「高所得者」は自己資産は無いが企業に就職するなどして収入を得ているという人も含むのです。
また、「資産家」は個人と一族の両方に使うことができますが、「高所得者」は個人のみを指す言葉です。

「富裕層」という言葉もあり、「現金化することのできる財産を1億円以上所有している人、または一族」を指します。
事業資金である「資産」に言及する言葉である「資産家」と違って、所有する「財産」に注目した言葉が「富裕層」です。

資産家を使った文章・例

  1. 彼女は資産家の令嬢で、家を継ぐための勉強をしている。
  2. 資産家の多くは、お金にシビアな倹約家であるという。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ