「マンスプレイニング」の意味とは?意味や使い方を解説!

「マンスプレイニング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マンスプレイニング」について解説します。

目次

  1. マンスプレイニング
  2. マンスプレイニングの意味とは
  3. マンスプレイニングを使った文章・例

マンスプレイニング

マンスプレイニング」という言葉について解説します。

男女平等や差別撤廃が叫ばれる昨今、新語・流行語として使われ始めた言葉の一つがこの「マンスプレイニング」です。

みなさんはこの言葉を一度でも見聞きしたことがあるでしょうか。

男女平等や性差別、こういったことにアンテナを張っている方にとっては当たり前の言葉かもしれませんが、なかなか日常生活の中で出会うことは少ないかもしれません。

この言葉は、「それマンスプレイニングですよ」なんて言われて、意味が分からずへらへらと「だよねぇ」なんて言ってしまうと周囲から冷ややかな目線で見られかねない言葉です。

ここではそんな「マンスプレイニング」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

マンスプレイニングの意味とは

>

マンスプレイニングとは「男性が偉そうに女性を見下しながら何かを解説・助言すること。man(男)とexplain(説明する)を掛け合わせた言葉」という意味の言葉となっています。

欧米では一般化しつつある言葉ですが、日本では新語・流行語として使われ始めたところです。

雑誌ニューヨーカーで、マンスプレイニングの一例として風刺画を取り上げたのものを例に挙げると、男女の二人が絵画を見ている絵に「私はこの絵はどういう意味かしら?とは言ったけど、どういう意味か教えてとは言っていない」という一文を添えて話題になりました。

話題になるということは、女性にとってはあるあるネタ、いるいるこういう男性。辟易する。ということだと思います。とはいえこの女性もなかなかめんどくさそうな女な気がしますが

性差別の話題でよく目にする言葉で、こういった言葉ができるというのはその背景があるということですが、この言葉は「男ってさぁ」「女ってさぁ」という一括りにしてしまうことと紙一重である気もします。

使う際は注意が必要かもしれません。

マンスプレイニングを使った文章・例

  • 欧米のマンスプレイニングと日本のマンスプレイニングではレベルが違うのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ