「シェアハウス」の意味とは?意味や使い方を解説!

「シェアハウス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シェアハウス」について解説します。

目次

  1. シェアハウス
  2. シェアハウスの意味とは
  3. シェアハウスを使った文章・例

シェアハウス

皆さんは「シェアハウス」という言葉をご存知でしょうか。

若い人を中心に流行している住居形態ですが、似たような形態である「ルームシェア」との違いなどはお分かりでしょうか。

今回は「シェアハウス」という言葉について詳しく解説します。

シェアハウスの意味とは

シェアハウスとは「一つの住宅を、親族や恋人の関係ではない複数の人で共有して暮らすこと」という意味です。

シェアハウスに使用される建物には、寮やマンションの他、一般的な一戸建ての住宅だった建物もあります。

アパートやマンションなどの「集合住宅」と異なる点は、キッチンやリビングルーム、トイレや風呂場などの設備を共同で使用する形態であるということです。
入居者にはそれぞれ自室があり、プライベートな時間はそこで過ごします。
それ以外の各設備は、他の入居者と共同で使用します。冷蔵庫や洗濯機なども共有されているため、決められたルールの中で生活する必要があります。

これと同じような入居形態に「ルームシェア」があります。
建物ではなく部屋を共有する形態なので、各人のプライベートな部屋というものが存在せず、私物は決められたスペースで管理する必要があります。
「ルームシェア」をするメリットは、家賃の折半などが挙げられます。しかし「シェアハウス」よりも自他の境が曖昧なところが多いので、シェアするもの同士で納得のいくように生活していかなければなりません。

>

シェアハウスを使った文章・例

  1. 近所の空き家だった家が建て直されシェアハウスとなったようで、入居者を募集していた。
  2. シェアハウスの住人の一人と、よく一緒に遊びに行く仲になった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ