「高望み」の意味とは?意味や使い方を解説!

「高望み」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「高望み」について解説します。

目次

  1. 高望み
  2. 高望みの意味とは
  3. 高望みを使った文章・例

高望み

皆さんは「高望み」という言葉をご存知でしょうか。

誰もが一度は、とても叶いそうにない現実離れした願いを持ったことがあるのではないでしょうか。
そんな願望のことを指す言葉が「高望み」です。

今回は「高望み」という言葉について詳しく解説します。

高望みの意味とは

>

高望みとは「自分の能力や立場を超えた、身の丈に合わない願望」という意味です。

自分より高いところにあって手が届かないものを望むというイメージです。

なお、そのような対象のことを慣用句で「高嶺の花(たかねのはな)」といいます。
「高嶺」とは高い山や高い峰のことで、そのような場所に生えていて摘みにいくことができない花が「高嶺の花」です。
「高嶺の花」がたとえとして使われる対象は高価すぎて手に入らない品物や身の丈に合わない贅沢、恋慕を向ける対象としては素晴らしすぎて自分とつり合わない相手、そして現状とは程遠い理想の自分などが挙げられます。

まさに「高嶺の花」を手に入れたいと望むような願望が「高望み」というわけです。

「高望み」を「高望み」でなくするには、自分自身が対象へ近づけるようにする他ありません。
逆に対象を自分の方へ引き下ろそうとする行為は、その価値を下げる結果になります。それはもはや、自分が手に入れたいと望んだものではなくなるでしょう。
「高望み」だからと諦めるか、手が届くまで自分を高めるか、それは自分次第なのです。

高望みを使った文章・例

  1. その年収と年齢で若い女性と結婚して子供を持つのが理想なんて、高望みしないほうがいいよ。
  2. 友人は名の知れた大手企業の求人ばかり応募しているが、どう考えても高望みだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ