「RTA」とは?意味や使い方を解説します!

「RTA」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「RTA」について解説します。

目次

  1. RTA(ゲーム)
  2. RTAの意味とは
  3. RTAとTASとの違い

RTA(ゲーム)

RTA」という言葉について解説します。

みなさんはこのRTAという言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

一般的に広く浸透している言葉ではないので、初めて見たという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、ゲームが好きな方やYouTubeなどでゲーム実況動画を見る方にとってはお馴染みの言葉といえそうです。

とはいえ、この言葉自体は見聞きしたことがあるけれど、その意味は実は知らないという方も多いかもしれません。

ここではそんな「RTA」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

RTAの意味とは

RTAとは「Real Time Attack(リアルタイムアタック)の頭文字の略で、ゲーム起動からクリアまでの実時間の短さを競うゲームプレイスタイル」という意味の言葉となります。

RTAはゲームプレイの一つのスタイルとして確立されており、ゲーム実況動画などでも数多くの動画が投稿されていて、人気を博しています。

RTAについては、ゲームごとに様々な規定が設けられていることが多く、競技性が高いスタイルといえそうです。

>

RTAとTASとの違い

速さを競うという点で、よくRTAとTASの2つが並べて語られることが多いですが、この2つは全くの別物です。

RTAがReal Time Attack(リアルタイムアタック)の略で、人間が行うものに対して、TASはTool-Assisted Speedrun(ツールアシストスピードラン)の略で、ツールを使っての最速検証となります。

このことからも分かるように、人間が行うものと機械を使って行うものということで、同列には語れないものとなります。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ