「レプリケーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「レプリケーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レプリケーション」について解説します。

目次

  1. レプリケーション
  2. レプリケーションの意味とは
  3. レプリケーションを使った文章・例

レプリケーション

レプリケーション」という言葉について解説します。

みなさんはこのレプリケーションという言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

IT用語、専門用語であるため、なかなか日常の中で出会うことはないかもしれません。

しかし、ビジネスの場などでは業種によっては度々登場しますし、これからの時代さらに見聞きする機会が増えるかもしれません。

ということで、ここではそんなレプリケーションという言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

レプリケーションの意味とは

>

レプリケーションとは「あるコンピュータやソフトウェアの管理するデータ集合の複製(レプリカ)を別のコンピュータ上に作成し、ネットワークを介してリアルタイムに更新させて常に内容を同期すること」という意味の言葉となっています。

難しそうな内容ですが、ザックリというと「データの複製物をリアルタイムに作っておくこと」となります。

レプリケーションの利点としては、万が一障害が起こっても、システムを停止させることなく継続できることと言われています。

ただし、予備のコンピュータにもメインと同じシステムが必要になるため、初期投資がかかることが難点なようです。

よくレプリケーションとバックアップの違いということが挙げられますが、レプリケーションはリアルタイムに複製し続けることに対して、バックアップはある時点でのデータを取っておくこととなります。

バックアップはある時点まで戻ることになりますが、レプリケーションはそのまま継続することが可能となります。

レプリケーションを使った文章・例

  • レプリケーション機能があれば、障害に強いシステムを作ることが可能だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ