「フレンドリー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「フレンドリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フレンドリー」について解説します。

目次

  1. フレンドリー
  2. フレンドリーの意味とは
  3. フレンドリーを使った文章・例

フレンドリー

皆さんは「フレンドリー」という言葉をご存知でしょうか。

よく見かける言葉なので、綴りが「friendly」であることや意味などを何となく知っているという方は多いと思われます。
しかし具体的にと言われると、案外難しいのではないでしょうか?

今回は「フレンドリー」という言葉について詳しく解説します。

フレンドリーの意味とは

フレンドリーとは「友好的である様子。親しみやすい様子。」という意味です。

英語では「friendly」と綴ります。
「友達」「親しい人」という意味の「friend」が形容詞化した言葉です。

「友好的」とは「友人のように、好意的な態度や言動をもって仲良く付き合うこと」という意味です。
「好意的」は「相手の立場を重んじて、利益になるように考える様子」という意味です。
総合すると、相手のことを思いやって親しくする様子、ということになります。

「フレンドリー」という言葉は人だけではなく、物やサービスなどに使われることもあります。
たとえば使用者にとっての使いやすさや分かりやすさを重視した設計のことを「ユーザーフレンドリー」といいます。
特にIT業界で注目されている言葉で、アプリなどの設計をする際の考え方として注目されています。
探している情報にたどり着きやすいメニューの配置やタイトルのつけ方、目が疲れず見やすい色彩のチョイスなどの様々な要素について考えて設計することが「ユーザーフレンドリー」を目指した開発となります。

>

フレンドリーを使った文章・例

  1. あの先生はいつもフレンドリーに接してくれるので、話していてほっとする。
  2. アルバイト先でフレンドリーな接客態度が評価されて、優秀店員として表彰されることになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ