「雨降って地固まる」とは?意味や使い方を解説!

「雨降って地固まる」という言葉一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?この記事では「雨降って地固まる」の意味と使い方を解説していきます。また、「雨降って地固まる」の類語・由来も合わせて説明します。

目次

  1. 雨降って地固まる
  2. 雨降って地固まるの意味とは
  3. 雨降って地固まるの由来
  4. 雨降って地固まるの使い方・例文

雨降って地固まる

雨降って地固まる(あめふってじかたまる)」という言葉の意味・類語、雨降って地固まるを使い方・例文について解説します。

日常的に使われるこの言葉、文字の意味だけではいまいちわからないと思うので、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

雨降って地固まるの意味とは

雨降って地固まるの意味は「争いや揉め事など悪いことがあった後は、かえって良い状態になること」を表します。

雨降って地固まるの類語

雨降って地固まるの由来

雨降って地固まるの由来は、雨が降ってぬかるんで悪い状態の地面が、やんだ後に固く締まり、良い地面になることが由来と言われています。

雨降って地固まるの使い方・例文

  1. 雨降って地固まるように、喧嘩した結果、なんでも言い合える仲になった。
  2. いがみ合っていた部署だったが、倒産の危機を乗り越え関係が改善された。まさに、雨降って地固まるとはこのことだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ