「幼い(いとけない)」とは?意味や使い方を解説します!

「幼い(いとけない)」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「幼い(いとけない)」について解説します。

目次

  1. 幼い(いとけない)
  2. 幼い(いとけない)の意味とは
  3. 幼い(いとけない)の使い方・例文

幼い(いとけない)

皆さんは「いとけない」という言葉をご存知でしょうか。

あまり聞きなれない言葉なので、意味が分からないという方も多いのではないでしょうか?
しかし同じ意味の言葉が「幼い」であるということが分かれば、理解するのは難しくありません。

今回は「いとけない」という言葉について詳しく解説します。

幼い(いとけない)の意味とは

>

幼い(いとけない)とは「幼くて小さい様子」という意味です。

「幼い」という言葉は、一般的には「おさない」と読みますが、古風な表現にしたい場合は「いとけない」と読むことができます。
「おさない」と「いとけない」で意味はほぼ同じなので、「幼い」という言葉にルビがついていない場合はどちらの読み方をしても問題ありませんが、意味の通りやすさでは「おさない」の方が無難ではあります。

また、「いとけない」の別の漢字表記として「稚い」があります。「稚い」に別の読み方は無いので、漢字表記でルビを振ることなく「いとけない」と読ませたい場合はこちらを使うのが確実です。

幼い子供に対して使うという点で共通している言葉に「あどけない」があります。
「あどけない」は子供の仕草や言動などに対して使う言葉ですが、「いとけない」はそれよりも意味が広く、「対象が幼い子供であること」そのものを表す時にも使います。
たとえば「あの人の子供はまだいとけない幼児だ」という使い方はしますが、この文章の「いとけない」を「あどけない」に置き換えることはできません。

幼い(いとけない)の使い方・例文

  1. 先日引っ越してきた一家には、いとけない年齢の子供がいる。
  2. その子はいつも舌足らずでいとけない話し方をする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ